インプラント治療を受ける前に基礎知識を身につけよう

インプラント治療を受ける前に基礎知識を身につけよう

インプラント

インプラントの治療内容

大阪市には、インプラントの治療を受けることのできるクリニックがあります。そのインプラント治療では、通常の虫歯治療やブリッジの治療とは違い、手術を行う必要があります。なぜ手術が必要かというと、歯茎を切って、顎の骨にボルトのような形のインプラントを埋め込む作業を行うからです。体への負担もあるため、きちんと歯科医と話し合ってから治療を進めるようにしましょう。

インプラント治療の流れ

インプラントの手術を受ける場合は、その手術方法に寄っても異なりますが、だいたい1~2回の手術を行います。最初の手術で歯の根っこの代わりとなるインプラントを埋め込みます。その後、インプラントの定着を確認できたら、埋め込んだインプラントと人工の歯を繋ぐ連結部品の取り付け手術を行います。
連結部分の装着が完了したら、1週間~1ヶ月後くらいに人工の歯を取り付けます。人工の歯を取り付ける場合は、事前に周りの歯の色や形に合わせるために念入りにチェックをして自然な見た目になるように工夫をしてもらうことができます。

最後に

インプラントの手術が完了し、新しい歯を手に入れることができたからといって油断してはいけません。インプラント治療後は定期的なチェックとメンテナンスが必要です。インプラントは人工の歯なので、他の歯と比べると耐久性が低いです。そのため、歯周病になるとインプラントにトラブルが起きてしまったり、歯ぎしりなどにより割れてしまったりする可能性もあるので、定期的にチェックを行いましょう。そのようなトラブルにも対応してくれるクリニックを選ぶことで術後も安心して生活をおくることができます。

広告募集中