インプラントの名医を見極めるポイントを理解しよう

インプラントの治療を行うなら

近年、インプラント治療を行っている歯医者が増えてきています。インプラントで新たな歯をつくってもらうなら、できるだけ綺麗な歯をつくってもらいたいものですよね。そのためには腕のあるインプラントの名医のいる歯医者を利用するのがおすすめです。利用したい歯医者の歯科医はインプラントの名医なのか、見極め方のポイントを学んでみましょう。

インプラントの名医を見極めるポイントを理解しよう

インプラント

カウンセリングをしっかりと行ってくれる歯科医

インプラント治療を行う際は、手術の前に口内の環境をチェックしたり、体調の確認をしておかなくてはいけません。そのようなチェックを怠ると手術の際や術後にトラブルが起こってしまう可能性もあるため、カウンセリングの際に入念なチェックを行ってくれる歯科医かどうか確認しましょう。

口内環境に合わせて治療法を提案することができる

インプラントの治療を受けたい方によって口内環境は異なります。そのため、さまざまな口内環境に合わせて治療法を変えることのできる歯科医のいるクリニックを選ぶとよいでしょう。インプラントの名医は、今までの経験や知識を元にさまざまな治療法を提案することができます。

保証期間の長さに注目

インプラント治療の保証期間は、各クリニックで決めることができます。そのため、保証期間は長くも短くも決めることができます。保証期間が長いということは、医師は腕に自身があるといえます。自身があるということ以外にも、患者のことをきちんと考えてアフターケアを行うという意志の現れでもあります。そのため、インプラントの名医を見極めるには、保証期間を長く設定しているかどうかにも注目してみましょう。

実績数だけに注目しない

インプラントの名医を見極めるために実績数を確認することも大切ですが、実績数の数が多いからといって名医と決めつけないようにしましょう。実績数以外に注目すべき部分は、難しい症例をどれだけこなしているかという部分です。また、その症例の中に自分の症状と似ているものがあるかどうかもチェックしておきましょう。実績数や症例はそのクリニックのホームページで確認したり、カウンセリングの際に質問することで確認することができます。

インプラントでよくある疑問にお答え

インプラント治療に痛みはないのか?

インプラントで新しい歯をつくる場合は、手術を行わなくてはいけません。そのため、痛みに関する疑問を抱える方も多くいます。手術の際に麻酔を行うため、麻酔の専門医がいるクリニックでは痛みや不快感を感じずに手術を受けることができます。しかし、術後の麻酔が切れた際に感じる痛みには個人差があるため、痛みがないとはいいきれません。
痛みに関する不安のある方は、手術を受ける前に歯科医に確認してみましょう。痛み止めなども処方してくれるので飲む時間やタイミングもチェックしておきましょう。

年齢制限はある?

インプラント治療では、顎の骨に穴を開けてインプラントを埋め込むため、骨の成長が完了している年齢になってから受けることが大切です。できれば18歳以上になってから受けるようにしましょう。骨が成長しきっていない段階でインプラントを埋め込んでしまうと、骨の成長をとめてしまったり、他の歯が歪んでしまうなどの影響を与えてしまうので、なるべく18~20歳になってから治療を行いましょう。

インプラントができないこともある?

インプラント治療は、18歳以上の方全員が行えるというわけではありません。持病がある方や、健康状態がよくない方は治療を受けることができません。しかし、歯科医によって治療ができるかどうかの判断が異なるので、正しい判断をしてくれる歯科医のいるクリニックを選ぶようにしましょう。

治療ができない人はどういう人?

インプラント治療が絶対にできない場合もあります。放射線治療を受けている方は口の中の機能が弱っているためインプラント治療による炎症が起きてしまう可能性があるので治療を受けることができません。また、糖尿病や血液疾患を持っている方も傷の回復が遅かったり手術中に容態が急変してしまう可能性もあるためインプラント治療を受けることができないのです。

インプラント治療を受ける場合は禁煙しないといけない?

喫煙者がインプラント治療を受けた場合、骨とインプラントの結合が上手くいかずに失敗してしまう可能性も出てきてしまいます。また、喫煙により血液の流れが悪くなって、傷の治りが遅くなったり、菌に対する抵抗力が低くなり、術後に炎症が起きてしまうこともあります。そのため、インプラント治療を行う場合は禁煙を勧めるクリニックが多いのです。

広告募集中